製品の顔を決める化粧箱を製作するときのノウハウやコツを知る

商品の顔

化粧箱は商品の顔である。箱がその商品を表していなければ、購入する意欲も半減してしまう。入れる製作物によって箱も変わるように、箱は製品を表す鏡でもあるということを忘れずにつくり上げることが大切である。

この記事の続きを読む

素材で差を付ける

その商品を表すには、化粧箱に使う素材はこだわる必要がある。例えばメイク用品は、清潔感や華やかさを表すために、ツヤのある素材で作られる。子供用品は逆に、あたたかみを表すために木や厚い段ボールを使って製作される。

この記事の続きを読む

特別感を増すために

商品には必ず原価がある。
そして小売価格はこの原価よりも大抵六割増しで設定されることが多い。
回収できる利益が多ければ多いほど利益率が大きくなり、ヒット商品となるのであるが、小売店の仕入れや、流通にかかる費用などを考えると短期間では製作物の利益回収は実現できないことが分かる。
このため、商品を製作するときは、できるだけ商品以外にかかる経費を削減する傾向にある。
化粧箱は製作物の中でも、余計な付加がかけられる部分である。
このため、化粧箱にかけられるコストを最低限までに下げることができれば、よりコストを回収できる期間が短くなってくる。
化粧箱を製作するときは、いつでもこのコストのせめぎあいで製作されることになる。

一方で、化粧箱にこだわりを見せる製作会社もある。
製作物が流通するには、一旦多くの商品が集まる場所に一箇所に集められることになる。
このとき、化粧箱やその外側の段ボールに工夫が込められていれば、他と差別することができる。
また、化粧箱を製作する目的としては、商品を流通させる以外の目的もある。
その製作物を購入した人が、家に持ち帰るときには化粧品を大事に持ち運びすることになる。
このとき、この化粧箱が特別で、丈夫あるいは綺麗に製作されていれば、より製品を購入したことに嬉しさを感じる。
商品に対する満足感を増大させるのは、その企業への信頼感にも繫がる。
実際、利益とは異なる部分にあると思われる化粧箱は、製品とは異なる点から満足感を支える製作物なのである。


印刷にこだわる

素材も大事であるが、化粧箱を作るときには同時に印刷の文面やロゴも必要である。印刷によって全体の色を付けることもできるので、色付きの素材をわざわざ用意して製作刷る必要もない。

この記事の続きを読む

商品を守る

段ボールの見た目はそっけないが、その分中に入れた商品を守る力がある。化粧箱は贈答用にも使われることが多いので、贈る人に安全に運搬されるように、中に入れたものを守るために中身を工夫して製作しなければならない。

この記事の続きを読む



注文の方法

機械物や製品を製作している工場では、パッケージや化粧箱を作っているわけではないこともある。その場合には、外部の業者に発注することになる。原稿を自社で作ることもでき、それを発注すれば思い通りのものを作ることができる。

この記事の続きを読む

サンプルを作る

製品の製作を検討する時は、同時にパッケージも考える必要がある。本格的な生産に入る前に、サンプルを見て充分に検討することで、満足の行く化粧箱を作ることができる。サンプルを作る限度が決められている印刷業者もある。

この記事の続きを読む