製品の顔を決める化粧箱を製作するときのノウハウやコツを知る

素材で差を付ける

化粧品は自分用に使うだけではなく贈り物やギフトとしても人気を呼んでいる。
贈り物やギフトにするときは化粧品を化粧箱の中に入れるが、基本的に化粧品で使われる箱は素材にツヤがあり清楚をイメージした白が多い。
化粧品のメーカーによっても化粧箱のデザインが異なっており、白の他にも紫や黒など独特のデザインのものが存在している。
色やデザインが違うだけでそのメーカーに対してのイメージが違うので、化粧箱はそのブランドを印象的に残すため重要なものでもある。
化粧箱製作をするときにはお客様に対してどのような印象を与えるのかを考えて製作をする必要がある。
色だけでも印象を大きく変えることができるため、白なら清楚、黒なら大人でセクシーなイメージを与える効果がある。

使う素材にこだわりを持つことで箱だけでその商品イメージを変えることができる。
例えば子供用品として販売する箱には木や厚い段ボールなどが使われていることも多い。
これは子供らしさを強調するためにデザインされており、どこか懐かしいイメージを引き立たせるのである。
このように化粧箱などを製作するときはメーカーなどの印象を強く残すことと同時に、商品への興味を持たせる効果を考えることも大切なことである。
材質にこだわった化粧箱製作をすることもできるが、素材が高品質になることで製作費用が高くなることもある。
素材やデザインを決めるときには問い合わせをして見積もりをしてもらうことで予算内に収めることができるのである。