製品の顔を決める化粧箱を製作するときのノウハウやコツを知る

印刷にこだわる

多くの店舗や企業では化粧箱の大量注文をすることが多いが、デザインを完成させれば後は印刷をするだけで同じ化粧箱を製作することができる。
昔は印刷技術が乏しかったため一箱一箱製作していることの方が多かったが、それだと全ての製作を終えるまでに膨大な費用と時間がかかってしまう。
現在では印刷をすることによってロゴやデザインを全て均一に整えることができるのである。
そのためどんなに大量注文をしても現代の機器を用いれば早い期間で製作をすることができる。
印刷にはあまりお金がかからないため大量注文をしても費用を抑えたい方はこの方法にすると予算内に抑えることができる。
また短納期で製作したい方やもっとコストダウンをしたい方向けのサービスも実施している。
担当者と相談することでその店舗や企業の要望に合った製作を行なうことができるのである。

色付きの素材を使うと白よりも金額が高くなってしまう。
数箱だけを取り寄せるなら色付き素材でも問題はないが、100箱や500箱などの大量注文では金額が高くなるのである。
また化粧箱はテーマを決めてから製作を行なうことが多い。
基本的には清潔感や高級感などが求められているが、ブランドの雰囲気に合わせることで独特な印象を与えることができる。
プレスコートやUVコートなど様々な加工を施して完璧な化粧箱を完成させることができるのである。
加工についてはオプションで決めることができるため、製作へ取り掛かる前に決めていく必要がある。